【男の涙】峻厳な崖に隠れて泣く|陸地と洋上で異なる姿

フレペの滝はしとしとと流れる様から乙女の涙と呼ばれています。それと1分ほどの近い場所に、対比して男の涙と呼ばれる湯の華の滝があります。

これらの滝は、断崖から地下水が染み出して流れ出る珍しいものです。

知床断崖から落ちる滝は、観光船でなければ観られないことが多いです。しかし、男の涙は、地元の方のガイド付きであれば、陸地から到達することも可能です。

この投稿をInstagramで見る

@hagunanaがシェアした投稿

陸から男の涙を目指す

陸地からは、知床自然センターを出発点にします。最初こそ遊歩道がありますが、すぐに整備されていないけもの道に入ります。
大人の腰ほどもある草を掻き分けて進みます。木々が密集した場所を歩くこともあります。

ヒグマ出没地帯を縫っていく

この投稿をInstagramで見る

Arisa Suzukiさん(@arisa.s201)がシェアした投稿

幹にはヒグマの爪痕があったり、エサを求めて土を掘った後を見られたりします。

冬眠用の穴を発見することもあります。ただし、ヒグマは冬にはずっと寝ているわけではなく、その間もエサを求めて活動します。そのため、冬眠ではなく冬ごもりと呼ぶ人もいます。

ヒグマが近くにいる危険がありますから、ガイドの指示には従わなければなりません。

怖い動物だけではなくて、エゾシカなど可愛い動物を間近で見られる可能性があります。ガイドが口笛を吹くと、仲間の鳴き声と勘違いしてこっちを見てくれるのが嬉しいです。

絶壁に隠れて泣く男の姿

この投稿をInstagramで見る

kinokoさん(@kinoko_no)がシェアした投稿

けもの道を抜けると、知床の100mはある断崖絶壁の上に到達します。眼下には隠れるように流れる男の涙の姿を確認できます。

男の涙と呼ばれる所以は、乙女の涙に比して水量が多いからとか、やはり陸地からは観に行きづらく海から見るのが通例だから、など諸説があります。

男は見えないところで泣くものだ、という説に風情を感じる人も多いです。

 ガイドが必ず要る

陸地からのアプローチの場合、ガイドの存在は必須です。道なき道を進むこともありますし、ヒグマの危険もあるからです。
ガイド会社としては、たとえばシンラ(知床自然ガイドツアー株式会社)があります。「知床けもの道 ガイドウォーク」というツアーを企画しています。

・シンラ 「絶景!知床けもの道 ガイドウォーク」

https://www.shinra.or.jp/animal_trail_guide_tour.html

料金は大人5100円で、小学生2600円です。約3kmの工程で、所要時間は約3時間です。知床自然センターに集合して、オホーツクや知床岬が見渡せる絶景スポットの象の鼻や、男の涙を目指します。

海上から男の涙を鑑賞

この投稿をInstagramで見る

Atsushi Masakiさん(@atz_masaki)がシェアした投稿

けもの道を歩くのはしんどい、ヒグマが怖い、という人には、やはり一般的な鑑賞方法である観光船の利用が最適です。

ウトロ港から出発して比較的に近い場所にあるので、一番最短の「カムイワッカの滝コース」で足ります。

知床観光船おーろらなら所要時間は1時間半、大人3100円、小学生1550円です※。

崖の影に隠れて泣く男の涙は圧巻です。眼下に観るのと、仰ぎ見るのは両方に異なった魅力があります。

全く印象が違うので、崖下から観た人は、今度は陸地からアタックしてみたいと感じることも多いです。

information

名称:男の涙(湯の華の滝)

住所:北海道斜里郡斜里町遠音別村字岩尾別

電話番号:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)

(Visited 189 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする