自然の恵みが生んだ知床・ウトロで贅沢ランチ

知床が位置する北海道は言わずと知れた食の宝庫ですが、中でもウトロ地区には、魚介類や鹿肉などの新鮮食材を使った絶品グルメが楽しめるランチスポットが数多くあるのです。観光にはおいしいグルメが必須条件ですよね。

ぜひ知床観光のプラン作りの参考にしてみてくださいね。

オホーツク流氷が生んだ「知床の海の幸」

オホーツク流氷

ウトロ地区が属する知床地方の魚介類は、脂のり&味がよく、多彩な種類が揃うことで知られます。
その背景には、北半球最南端まで漂着する奇跡の流氷・・・オホーツク流氷の存在があったのです。
この流氷から始まるのは植物&動物プランクトン、魚、海洋生物といったように繋がっていく命。これこそが知床の海を豊かにしてくれる鍵。

また、流れが速く暖流と寒流が流れ込む根室海峡の急流に、負けじと泳ぎまわる魚たち。そんな環境が知床の健康で脂がふんだんに乗った海の幸を生みます。

さらには、最浅部で約40m、最深部で約2400mにもなる様々な漁礁が広がる羅臼(らうす)の海で穫れる魚は、実に種類も豊富で北海道でも有数の漁場として知られますその多彩な魚介類が知床の台所も充実させているのですね。

そんな恵まれた自然が生んだ食材の宝庫、知床の絶品グルメを・・・ぜひウトロ地区で堪能してみてください。

ウトロ地区おすすめランチスポット

知床 ウトロ グルメ

お食事処 夷知床(えぞがしま)大宮商店

目にも鮮やかな海鮮料理の数々が並ぶ「お食事処 夷知床(えぞがしま)大宮商店」

中でも一番のおすすめは地元産エゾバフンウニをふんだんに使った「生ウニ丼(時期限定)」です。

その他、贅沢にも新鮮なネタを自分でセレクトできる「トッピング丼」や漁師のまかない丼である「ちゃんちゃん焼き丼」「焼き鮭定食

地元漁師がこだわって作った粒うに使用の「うにぎり」も気になる所・・・
定番料理の「シーフードカレー」「かにカレー
麺類は「かき揚げそば」「かき揚げうどん」など、どれもおいしそうで迷ってしまうほどの品揃えです。

お土産販売も充実していて、前浜で獲れた絶品の魚介類が並びます。
中でも、店内水槽から茹で上げ冷凍せずにチルド配送できる毛ガニとタラバガニはぜひおすすめしたい良品です。

住所:〒099-4355 斜里町ウトロ西187-12
電話:0152-24-3722
営業時間:お食事所 8:00~16:00
お土産販売 8:00~17:00
定休日:夏季無休、冬期日曜定休
その他:クレジットカード利用○
お食事(1階20席、2階20席、個室完備)
完全禁煙
各種割引あり(JAF会員、交通安全協会員ほか)

知床海岸食堂

知床海岸食堂のおすすめポイントは、お食事もさることながら、壮大なオホーツク海を目の前に眺めることができるその景観の美しさです。夏にはウッドデッキ席にて済んだ空気の中でお食事、冬にはオホーツク海の自然のチカラを存分に感じながら・・・

お食事メニューももちろん逸品揃い。
その時期の旬の食材をそれに合ったアレンジにて変幻自在に作り上げます。
定番メニューは海鮮丼と熊丼
それぞれ地元の漁師と猟師によって提供してもらった知床ウトロの食材を使った絶品料理となっています。

住所:〒099-4355 斜里町ウトロ東361
電話:0152-24-2752(国民宿舎 桂田)
営業時間:11:30~14:30(ラストオーダー3:30)18:00~20:30(ラストオーダー19:30)
定休日:不定休
その他:クレジットカード☓、席数40席、多国語対応メニュー表○

いかがでしたか?自然豊かな世界遺産の地「知床」
そんな知床にあるウトロ地区のランチスポットには、贅沢すぎるほどのグルメの数々が並びます。知床観光の際にはぜひ足を運んでみてくださいね。

(Visited 164 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする